全体最適化を目指した施設計画

地域に選ばれる施設であるためには、サービスの質とともに建物の質も重要な要素と考え、次の三要素のバランスに注力して「部分最適化」になりがちな施設計画において「全体最適化」を目指すように心掛けています。

 

施設計画では、第一に利用者ファースト考え、目線や動線など利用される方(患者?入所者など)に分かりやすくやさしい計画に心掛け、ベストアメニティの提供を目指しています。また、質の高いサービスを提供する上でも、働きやすい職場環境の提供が必要であり、スタッフ動線や見守りおよび部門間連携とスタッフアメニティにも十分配慮した施設計画を心掛けています。

加えて、将来永続的に事業を継続するには収益性も非常に重要なファクターとなり、多額の投資が必要となる施設整備においては事業性も念頭に置き、「ムダ」をなくし「メリハリ」の効いたコストパフォーマンスの高い施設計画をご提案します。

主な支援内容

地域に選ばれる施設づくり

変わりゆく医療?福祉を取り巻く環境において、すべての団塊の世代が75歳以上になる2025年にむけて、どのように対応するか大きな課題です。

しかし、さらにその先の高齢者人口の減少が始まる2042年以降がさらに重要になるものと考えられます。 「マーケット?イン」の発想を持ち、地域で果たすべき役割、求められているニーズに対応していけるかが重要といえます。また、「地域に選ばれる」とは、患者?利用者様から選ばれるだけでなく、職場として選ばれることも、今後、生産年齢人口がさらに減少して行く中で非常に重要となります。

松尾建設では、お客様に有益な情報の提供や事業計画の作成および事務手続きなどを通じて、地域で選ばれる施設づくりのソリューションを提供します。

主な支援内容

 

医療?社会福祉施設の施工事例へ

 

閉じる
国产 高清 无码 中文_偷拍 拍自 欧美色区20p_亚洲 自拍 偷拍 另类综合图区